嘉穂高校柔道部 近況報告

■ 柔道部の近況を掲載しています

[ 管理人用 ]

ジュニア選手権

投稿日:2014/06/02(月) 14:58

平成26年度福岡県ジュニア選手権

73キロ級
優勝
山本脩策

7月6日福岡武道館にて行われる九州ジュニア選手権に出場いたします。

平成26年度 福岡県大会

投稿日:2014/05/27(火) 10:24

男子団体戦

1回戦
シード

2回戦
対三井
3−1

3回戦
対福大大濠
2−1
準決勝
対東海第五
2−3

3位決定戦
対沖学園
2−2内容勝ち

男子個人戦
73キロ級
三位 山本脩策

福岡県高校柔道選手権

投稿日:2014/01/27(月) 17:00

男子団体
ベスト8

一回戦
シードにより不戦勝

二回戦
対三井高校
勝 二人残

三回戦
対西短
負 大将戦

女子団体
一回戦
対戸畑工業
2-1

二回戦
対福工大城東
1-2

男子個人戦
73キロ級
準優勝
山本脩策

九州高校新人柔道大会

投稿日:2013/11/25(月) 13:29

平成25年度九州高校新人柔道大会

男子団体
ベスト8

一回戦
対鹿児島実業(鹿児島2位)
3-0

二回戦
対佐賀商業(佐賀1位)
2-1

準々決勝
対国東高校(大分1位)
2-2(内容)


男子個人
-73キロ級
山本脩策
優勝

福岡県高校新人柔道大会

投稿日:2013/10/29(火) 14:44

平成25年度福岡県高校新人柔道大会

男子団体   
三位

一回戦
不戦勝

二回戦
対三井高校
0-3

三回戦
対西日本短大付属
1-1 内容勝

準決勝
対東海第五高校
1-3

三位決定戦
対沖学園
3-2
男子個人
73kg級
準優勝 山本脩策 

81kg級 
3位 松尾雅己
   

※男子団体と73kg級の山本脩策選手は、
11月23日、24日に大分県別府市で開催される
第17回九州高等学校新人柔道大会に出場します。

砺杯少年柔道大会結果

投稿日:2013/10/04(金) 16:22

平成25年度嘉穂高等学校淬砺杯少年柔道大会

主催  福岡県立嘉穂高等学校柔道部後援会
後援  福岡県立嘉穂高等学校
期日  平成24年9月23日(月)秋分の日
会場  福岡県立嘉穂高等学校潤陵館

九州北部地域よりたくさんの中学校の参加が有り大変熱気に包まれた大会でした。

優勝
久留米市立田主丸中学校

準優勝
北九州市立白銀中学校

三位
嘉麻市立山田中学校 

砺杯少年柔道大会結果その2

投稿日:2013/10/04(金) 16:20

写真1
決勝戦

写真2
表彰式

写真3
優勝
久留米市立田主丸中学校

写真4
準優勝
北九州市立白銀中学校

写真5
三位
嘉麻市立山田中学校

砺杯少年柔道大会

投稿日:2013/09/19(木) 10:54

平成25年度嘉穂高等学校淬砺杯少年柔道大会

主催  福岡県立嘉穂高等学校柔道部後援会
後援  福岡県立嘉穂高等学校
期日  平成24年9月23日(月)秋分の日
会場  福岡県立嘉穂高等学校潤陵館
受付  8:30〜 開会式9:15〜

9月23日(月)秋分の日に嘉穂高校柔道部主催の淬砺杯柔道大会が開催されます。
今年は昨年と同様に本校創立100周年記念事業で建設された潤陵館で行なわれます。
福岡県内外から強豪中学が多数参加致しますので、是非ご観戦をお願い致します。


嘉穂高等学校の武道場淬砺館の「淬砺」の意味は、
明治41年10月13日煥発された「戊辰勅書」の中に「淬砺の誠」とあり、
淬は「にらぐ」、砺は「とぐ、みがく」ことで併せて勉強すること、
精を出すという意味である。

即ち名刀を鍛える刀匠のように我々は勉学に武道に、
また人間形成に努力、精進すべきであることを表している。

それが我が国発展の根本になることは明治時代も現在に至る今日も
変わりはない厳然たる事実であり、
嘉穂高生への熱い思いが込められている。

全国大会

投稿日:2013/08/12(月) 15:30

全国高校総体柔道競技


男子団体戦

一回戦
嘉穂2-1前橋育英(群馬)

二回戦
嘉穂5-0高知(高知)

三回戦
嘉穂2-1天理(奈良)

ベスト16

男子個人戦
-66キロ級

一回戦
山本○  野中(香川 高松商業)

二回戦
山本○  菅原(岩手 盛岡大付)

三回戦
山本  ○宇津野(茨城 つくば秀英)

ベスト16


-100キロ級

一回戦
林田○  西野(香川 英明)

二回戦
林田○  古山(岩手 盛岡大付)

三回戦
林田  ○村井(大阪 東海大仰星)

ベスト16

九州大会

投稿日:2013/06/17(月) 16:14

平成25年度九州高等学校柔道大会

男子団体
3位 嘉穂

男子個人
66キロ級
二位 山本

100キロ級
三位 林田

ページトップへ