嘉穂高校柔道部 近況報告

■ 柔道部の近況を掲載しています

[ 管理人用 ]

初稽古その4

投稿日:2010/01/03(日) 16:46

平成22年度嘉穂高等学校柔道部初稽古出席者

坂口睦会長 小茂田敦監督 江藤正美助監督 村上誠女子監督
中並龍雄(11)中村篤(19)小鶴武史(20)
後藤誠一(20)松岡保(21)中尾太城(29)
堤識聡(30)磯辺正司(33)高口誠次郎(33)
松田正視(33)渡辺秀樹(33)横山雅一(39)
井上伸和(41)服部寿多可(42)古野正豊(42)
宇野芳寿(43)横山淳二(43)北富敬之(44)
山田哲也(44)渋田泰弘(46)上田康妃(48)
濱田亮一(48)與田宗一郎(48)中野大介(50)
服部心子(50)興梠慎太郎(53)田上高生(53)
浦辺正洋(55)波多野佑史(55)井上邦治(56)
安河内祐樹(57)青木政貴(58)田上耕平(58)
中島大勝(58)廣松勇紀(58)松浦直哉(58)
松尾良(58)矢野大地(59)桃園悟(59)
山崎武(59)湧川のな(59)近藤大地(60)
細田貴義(60)下村亮太(60)飯川夏奈美(60)
伊藤靖子(60)甲斐翔子(60)坂本直哉(61)
川上雄斗(61)小路宜滋(61)小茂田貴子(61)

平成21年度九州新人柔道大会

投稿日:2009/11/25(水) 13:21

男子団体
優勝

一回戦
対野津(大4)
5-0

二回戦
対宮崎日大(宮2)
2-0

三回戦
対鎮西(熊1)
4-0

準決勝
対宮崎工業(宮3)
4-0

決勝
対長崎日大(長1)
2-1

個人戦
100キロ級
3位 小路

100キロ長級
2位 大山
3位 阿世賀

事実上の決勝戦との感があった対鎮西も前3人で勝利を決める。
全体的に嘉穂が頭一つ出た感がありました。
しかし、団体戦や個人戦での失点は終了間際に前に攻めて出た所を
捨て身の一本背負いで持って行かれての敗戦で課題が浮き上がって参りました。

各県のライバル校も夏に向けて切磋琢磨して参ります。
夏に向かって本校も更なる稽古で精進して参りますので
応援よろしくお願い申し上げます。

福岡県新人大会

投稿日:2009/11/02(月) 13:10

平成21年度福岡県新人大会

男子団体 優勝
一回戦 シード

二回戦
対東福岡 
5-0

三回戦
対南筑
4-0

準決勝
対東海第五
3-0

決勝
対大牟田
2-0

女子団体 ベスト8

一回戦
対九国大付
2-0

二回戦
対沖学園
1-2

個人戦

81キロ級
三位
阿部雄太

90キロ級
準優勝
秋元大気

100キロ級
優勝
小路明寛
準優勝
堀内翔太

100キロ超級
優勝
大山裕太
準優勝
阿世賀亮

男子団体及び二位までに入賞した選手は11月21〜22日に長崎県諫早市小野体育館で行なわれる、
九州新人大会に出場致します。

写真1 沖永選手
写真2 秋元選手
写真3 阿部選手
写真4 小路選手
写真5 堀内選手

福岡県新人大会その2

投稿日:2009/11/02(月) 13:07

写真6 大山選手
写真7 阿世賀選手
写真8 試合終了後
写真9 坂口会長激励のお言葉
写真10集合写真 

新人筑豊大会

投稿日:2009/10/19(月) 19:25

平成21年度新人柔道大会筑豊ブロック予選大会

男子団体 
優勝

女子団体 
優勝

男子個人
66キロ級
1位 高口晋之介

73キロ級
1位 阿部秀平

81キロ級
1位 阿部雄太 
 
90キロ級
1位 秋元大気 
2位 沖永卓典 
3位 服部元気

100キロ級 
1位 小路明寛 
2位 堀内翔太 
3位 磯部雄介 
4位 山崎正貴 

100キロ超級 
1位 大山裕太 
2位 阿世賀亮 
4位 田淵圭太

女子個人

52キロ級
1位 石原亜紀
          
57キロ級
1位 光安英佳
          
70キロ級
1位 阿世賀由希

上記団体及び個人選手は、10月31日(土)、11月1日(日)に開催の県大会(福岡武道館)に出場

淬砺杯

投稿日:2009/09/28(月) 11:22

平成21年9月23日
平成21年度第9回淬砺杯嘉穂高等学校少年柔道大会
福岡、山口、大分、熊本各県から選抜された強豪校による1.2年生の団体戦。
毎年秋分の日に開催される。

優勝 大刀洗町立大刀洗中学校
二位 福岡市立千代中学校
三位 北九州市立洞北中学校
 
優秀選手
副島望夢選手  大刀洗中学校
市ノ瀬一眞選手 千代中学校
小山田隼人選手 洞北中学校

嘉穂高等学校の武道場淬砺館の「淬砺」の意味は、
明治41年10月13日煥発された「戊辰勅書」の中に「淬砺の誠」とあり、
淬は「にらぐ」、砺は「とぐ、みがく」ことで併せて勉強すること、
精を出すという意味である。
即ち名刀を鍛える刀匠のように我々は勉学に武道に、
また人間形成に努力、精進すべきであることを表している。

それが我が国発展の根本になることは明治時代も現在に至る今日も
変わりはない厳然たる事実であり、
嘉穂高生への熱い思いが込められている。

写真1
開会式 太田嘉穂高校校長挨拶

写真2
開会式 優勝杯返還

写真3〜5
熱戦の様子

淬砺杯 その2

投稿日:2009/09/26(土) 18:04

写真1〜5
熱戦の様子

淬砺杯 その3

投稿日:2009/09/26(土) 18:00

写真1
表彰式

写真2
優勝 大刀洗中学

写真3
二位 千代中学

写真4
三位 洞北中学

平成21年度全日本ジュニア柔道体重別選手権大会

投稿日:2009/09/16(水) 15:19

大山選手は一回戦シードで二回戦から出場。

二回戦、京都学園三年の西田選手と対戦。
同じ体型同士で技の応酬になる。
相手が出た所をうまく払い腰で合わせ有効。
そのままタイムアップ。

三回戦は日大二年生の武山選手と対戦。
身長差が20センチ近くあるも大山下がらず下から圧をかけ、前に出て技をかける。
前に出た所で奥襟をつかまれて指導1。
頭越しに奥襟をつかまれて指導2。
そのままタイムアップ。

今大会からルールが変更になり、指導の取り方や早さで
審判も少々混乱を生じている様子。
今回の指導の場面で大山は頭を下げて防御姿勢になっていないので、
今後長身の選手と対戦した際に奥襟をとられた際の対策も必要か。

敗者復活戦は初戦で敗退しベスト8に終わる。

国際交流

投稿日:2009/07/21(火) 14:49

高校42回卒業のフランス在住の佐伯朋彦先輩が
門下生2名を連れて嘉穂にいらっしゃいました。

門下生は日本での高校2年生と同年齢でフランスでも好成績を残した選手です。
佐伯先輩は8月いっぱい門下生は三週間滞在します。

生徒も身振り手振りでコミニケーションをとっていました。

ページトップへ